4月分AdSense収益の落込みとRPMの前期比較

はてな

 4月に入ってからAdSense収益が激減しています。このままであれば月100万円はおろか、月80万円に届くか届かないかの金額になりそうです。去年11月頃の水準に逆戻りです。せっかく3月は120万円を超えてウハウハだったのに…
 
 ここまで落ち込んだ理由として、消費税8%引き上げの影響が考えられます。買い控えや広告出稿量の減少などなど。年度初めと重なったことで、状況が更に悪くなったような気がしています。ですが、それだけではないんですよね、たぶん。
 
 以下、直近30日間のRPMです。前年同期と比較してみました。 
201404adsense1
 2014年3月に比べると4月のRPMは大幅に落ち込んでいますが、前年同期と比べると同等以上の数値を出していることが分かります。現時点においては、少なくとも前年比でRPMの落込みはないことが判明しました。
 
 もう少し範囲を広げて、1月1日から4月21日までのRPMを、前年同期と比較してみます。
201404adsense3
 前年同期と比べると、2014年1月後半から3月にかけてのRPMの凄まじさがハッキリします。あの頃は信じられないくらい高い数値でした。(遠い目)
 冷静に考えると「RPMバブル」だったのですよね。「これではマズい。広告主のためにならない」とGoogleが判断したかどうか分かりませんが、4月に入って何らかの調整が入ったとしても不思議ではありません。
 
 最後に、1月1日から4月21日までのページビューを、前年同期と比較してみます。
201404adsense2
 前期比較でページビューが2倍近く増えていることが分かります。
 一般的にページビューが増加するとRPMは少なくなると言われています。ですが、自分の運営するサイトは、逆にRPMも増加しました。
 
 いくつか理由が考えられますが、最も大きいのは、AdSense広告の最適化がうまくいっていることだと思います。成果報酬型のアフィリエイト広告と混在させて広告掲載していることもあり、AdSense広告とコンテンツがほどよくマッチしている可能性が高いです。
 その結果、AdWordsの「スマート プライシング」に引っかかることが少ないのではないかと推測しています。
 
 自分の場合、アフィリエイト収入においてAdSenseの占める割合は3分の1前後ですので影響は限定的ですが、AdSenseに頼り切っていたら精神的にかなりきつかったと思われます。リスクヘッジの重要さを再認識した出来事でした。
 
 
【追記】 2014-04-30
 コメント欄でリクエストがあったので、1月1日から4月21日までのCTRを、前年同期と比較してみます。
201404ctr
 
 ついでなので、1月1日から4月21日までのCPCを、前年同期と比較してみます。
2014cpc

はてな

4月分AdSense収益の落込みとRPMの前期比較」への4件のフィードバック

  1. miu

    SmartPricingについて言及されていますが CTR についてはどうですか。
    広告単価が下がっただけで CTR は変化がないのでしょうか。

    1. 執事 投稿作成者

      コメントありがとうございました。
      CTRとCPCの前年比較グラフを追加でアップしました。
      4月以降のCTRは、あまり変わらない、あるいはやや下がったという感じでしょうか。

      1. miu

        CTRの比較グラフありがとうございます。
        収益減少は単価の減少によるもの…っぽいですね。
        わたしのAdsense収益も4月1日から急激に減少していますが、わたしのほうはクリック率が急激に落ち込んでいます。
        単価についてはスマートプライシングなんて調整制度がありますが、クリックについてもなんらかの調整が行われているのかなぁなんて感じています。
        もともとアナタほどの収益はないですが、それでも数十万の減少には頭が痛いです。

        1. 執事 投稿作成者

          コメントありがとうございました。
          クリックについては4月から誤判定が厳しくなっているのかもしれませんね。

コメントは停止中です。


関連するアフィエイト情報